入間の神社・お寺天岑寺(大龍山)|入間のエリアガイド「奥武蔵まごころ.net」

このサイトは葬儀社 法要殿によって運営されています
 お店施設を探す

天岑寺(大龍山)|入間の神社・お寺

 店舗外観
  •  電話番号
    /
  •  住所
    埼玉県狭山市沢5番34号

会員登録

概要
写真
クチコミ
クーポン地図

天岑寺(大龍山)の概要

天岑寺(大龍山)

 

 


天岑寺は、徳川家康の関東入国に伴い、田中、峯、沢地区を知行した旗本小笠原太郎左衛門安勝が父小笠原摂津守安元の菩提を弔うために文禄3年(1594年)に開基し、道元禅師から17世の天海盛呑が開山したといわれ、寺号は安元の法名、天岑院殿紹恩居士から天岑寺と命名されたと伝えられています。一説には、それ以前に観音堂があり、三ツ木村(現東三ツ木)の農民四郎左衛門(天正17年〔1589年〕没)が寺を草創したとも伝えられています。
かつては、朱塗りの華麗な七堂伽藍がありましたが、明治3年の火災で惣門を残し全焼してしまいましたので、本堂、庫裏、鐘楼等はこれ以後の再建です。
沖縄風のたたずまいを見せる惣門は、市指定建造物、12代にわたる小笠原家の墓所は市指定史跡、文明14年(1482年)の月待供養の碑は市指定有形民俗文化財に指定されています。


天岑寺(大龍山)|クチコミ

まだクチコミがありません。


店舗データ|天岑寺(大龍山)

名称 天岑寺(大龍山)
所在地 埼玉県狭山市沢5番34号
連絡先 電話:/ 
あると嬉しい!
メニュー

写真
 店舗外観

アクセス

このお店・施設を携帯で見る
 QR

入間の特集記事


表示 スマートフォン|パソコン

 ページトップ
 著作権表示
地域サイト・ホームページ制作 by 二子玉川エリアガイド二子玉くん